マンションオプションアイテムを活用する

新築マンションを青田買いすると必ず案内されるインテリアオプション販売会。
このオプション販売会とはマンション事業主関連会社が運営している業者から分厚い小冊子からなる
カタログが送られてきます。
初めてマンションを購入された方は目から鱗状態で夢のような素敵なアイテムが満載されています。
代表的な商品はオーダーカーテン、造作家具、バルコニータイル、エコカラット、フロアコーティングなどです。
公団マンションとは違い分譲マンションの場合は全てにおいてオーダー特注サイズになりますので
カーテンは全てオーダーサイズでないと寸法が合いません。
また折角の新築購入なのでカーテンやブラインドの生地も沢山の中から選びたいですよね。
特にカーテンはお部屋の雰囲気を大きく左右するアイテムですから。
造作家具?あまり聞き慣れない家具ですが簡単に言うと特注家具のことです。
特注なんて言うと畏まりますがサイズや構成、仕上げ材の全てを思うがままに製作できる家具なんです。
マンションの定番家具ですと食器棚やカウンター上下収納、吊戸棚などが一般的です。
サイズオーダーで製作しますので後付け感もなくピッタリ収まりまりますのでデッドスペースがありません。
また壁などへ直接据付ける家具ですので地震などで転倒する事もありませんので耐震性能も抜群です。
バルコニータイルとは共用部分であるバルコニーに唯一敷けるカラフルな置き敷きの専用タイルの事です。
標準ですと無機質な感じのバルコニーですがタイルを敷き詰める事で明るい空間へ早変わります。
エコカラットとは建材メーカーのリクシルから発売されている内装用セラミックタイルを指します。
見た目も大変お洒落な高級素材に見えるタイルですが単純に壁へ貼るだけで綺麗な空気に浄化してくれる
素晴らしいタイルです。
主な機能面は湿度コントロールや空気中の有害物質(VOCなど)を吸着してくれる健康的なタイルと言えます。
フロアコーティングとは、現在分譲マンションの99%以上は床材にフローリングを使用しています。
フローリングは木質系合板フロアになりますので化学床と比べデリケートな部分があります。
例えば耐衝撃性、耐磨滅性、耐水性、耐薬品性に弱い部分があります。
これを軽減してくれるのがフロアコーティング施工です。
お勧めは油性塗料のUV塗料かシリコン素材です。
水性のアクリル系ウレタン素材は安価で手頃ですが耐性が非常に弱いので長期的な使用には向かない素材です。
最近では突板素材ではなく木目柄のプリントを用いたシート系フローリングが多いですが
こちらはワックスフリーになっていますが水分の吸収が多い素材ですので
なるべくフロアコーティングの施工をお勧めいたします。
かなり端的に解説して参りましたが長年マンションで使用されている安定した商品ですので
是非ご入居前に施工して頂きたいと思います。
詳しくは施工例写真も多く掲載しているマンションインテリアの専門ウェブサイト、マンションオプション.comをご覧ください。

お話メニューエコアマドのお話プラマードUのお話オーダー食器棚